バネ、スプリング、コイルばね、トーションばねの試作から量産

〒252-0002 神奈川県座間市小松原1-18-10

046-251-1603

営業時間

8:30~17:30(土日を除く)

お気軽にお問合せください

品質管理

品質管理

製品検査

荷重測定

荷重測定器を用いた検査の様子です。

お求めの製品仕様に応じて、設計のお手伝いや荷重公差のご相談も承っております。

形状検査

トーションスプリングの形状検査を行っている様子です。CADソフトにより作成した10倍投影図を用いて曲げ角度や寸法の確認を行うことで、複雑形状の製品も高精度で製作が可能です。

10倍投影図には必要に応じて公差範囲や注意点が記入されており、製品ごとの要所について正確な検査が行われます。

耐久性評価

バネの形状と設計使用範囲を元にバネ製品の耐久性・推定寿命を計算することができますが、実物のバネについて繰返し荷重試験を行うことで、直接的な耐久性を確認することができます。

圧縮バネ、引張バネ、トーションバネについて評価が可能です。

(トーションバネの形状によっては、治具製作費が必要になることがあります)

ISO9001の認証取得

昨今のグローバル化により、今やバネ製品は国境や文化を超えて世界中に供給されています。

そのため小さなバネ一つ一つに対する品質的な保証やその証明が、これまで以上に求められております。

このような中でISO9001の認証取得は、製品の品質や供給における責任能力を旧来の、そして将来のステークホルダーに対して証明するための基礎的かつ効果的な手段です。

当社ではISO9001の認証を維持・継続し、品質保証体制の維持・向上に日々努めます。

各種法規制への対応

ものづくりのグローバル化が進む中で、あらゆる製造業において製品中に含まれる素材・化学物質への国際的規制が強まっていく傾向にあります。公害防止組織法や大気汚染防止法などの伝統的な法規制に加え、新たに熟知すべき法規制はRoHSやREACH則をはじめ、紛争鉱物やリスト規制など多種多様に及び、求められる文書・証明書も実に様々です。

今後も国際的規制が強まっていくことが予想される中、新しい法規制の順守はますます重要となり、メーカーには各種法規制への正しい知識、素早い対応力が求められております。

当社では新しく公布された各種指令・法規制について正しく柔軟に対応し、MSDSplusやJAMP-AIS、JAMA/JAPIA統一データシートなど多くの情報伝達手段を駆使してお客様や、その先のお客様に対する円滑な情報共有をサポートいたします。

バネ製品に求められる法規制の一例
  • RoHS指令、改正RoHS指令(RoHS2)
  • REACH規則SVHC
  • 紛争鉱物
  • リスト規制
お客様への情報伝達手段の一例
  • 任意の化学物質含有調査/不使用証明書
  • 材料検査成績書(ミルシート)
  • 材料SDS
  • 材料MSDSplus
  • JAMP-AIS
  • JAMA/JAPIA統一データシート
  • 紛争鉱物調査票(EICC/GeSI帳票)
  • JGPSSI
  • 該非判定書